探訪する-金山町の見どころ

ポケットパーク

この池に流入する水は、金山川の取水口よりここまでの距離が短いため、比較的きれいな水が入ってきます。そのため、流雪溝に改修する前の水路にはヤマメやカジカが住み蛍も多く飛び交っていました。

しかし、コンクリート水路となり、そのような環境が失われてしまいました。このような状況の中、地域より以前のように魚が住み清流の感じられる場所を残したいという要望がだされ、平成4年度に流雪溝整備を行った際に、このポケットパークがつくられました。

池と照明は行政が担当し、植栽や休み場等の施設整備、鯉の放流や維持管理は地域の人達で構成される「鯉を愛する会」の手によって行われています。