町長あいさつ

更新日:2020年06月01日

金山町は、大正14年1月に町制施行して、令和2年1月で95周年となりました。この間、当町は一度も町村合併を経ないで、現在に至っております。

 

このことは、「家庭的で結びつきが強い町民性」を有することにも通じているように感じています。また、町づくりにおいて昭和57年に全国に先駆けて「公文書公開条例」を制定したこと。明治11年イギリスの旅行家イザベラ・バード女史が北日本旅行で訪れた際、この町を「非常にロマンチックな雰囲気の場所」として絶賛された金山町の風景と調和した「街並み景観条例」を昭和61年に制定し、「町並み(景観)100年運動」を積極的に展開するなど、「オンリーワンの町づくり」を進めてきています。

 

そして、これまで全国規模の催しとして、平成14年に天皇皇后両陛下のご列席のもと、第53全国植樹祭が町内「遊学の森」で開催されました。また、平成26年には皇太子殿下のご列席のもと第38回全国育樹祭が同会場で挙行されています。「金山杉」という銘木の産地として、町民が一体となって、全国からの来場者をお迎えできたことによる自信と誇り、町に対する愛着が一層深まった契機となったと思います。

 

令和2年の春は全国的な新型コロナウイルス感染症拡大による自粛要請のため、来訪者も少なく、静かな雰囲気でしたが、例年ゴールデンウィーク前に、越冬した錦鯉を大堰に放流し、その周辺をライトアップして引き立てております。町内外の多くの方々より町内をゆっくり散策していただき、町民とのさりげない会話を楽しまれる光景がよくみられます。春の季節ばかりではなく、夏、秋、冬、それぞれが異なった趣きで、魅力を感じてくださるリピーターの方も多くいらっしゃいます。

 

現在も「街並み景観100年運動」を継続して、街並みの磨き上げとともに、住み心地の良さを感じられる町づくりを目指して「住んで良し、訪ねて良しのかねやま」を実感できるように取組んでおります。どうぞ多くの方のご来訪をお待ちしております。

 

                                                                                金山町長  佐藤   英司(さとうえいじ)

 

 

この記事に関する
お問い合わせ先

総務課 総務係

〒999-5402
金山町大字金山324-1(金山町役場内)
電話番号:0233-52-2111 ファックス:0233-52-2004
メールでのお問い合わせはこちら