金山町総合発展計画

更新日:2021年03月31日

第5次金山町総合発展計画を策定しました

令和3年度を初年度とする、第5次金山町総合発展計画を策定しました。 この計画は、まちづくりの指針となるもので、町政運営に係る最上位の計画として位置付けられます。

「美しい自然、清い心の町、金山」を恒久テーマとして、先人が築き上げてきた文化や伝統を引き継ぎ、すべての町民が主体的に希望を持って生涯活躍できること。また、将来にわたり豊かな心で安心して暮らすことのできる町を創造するため、目指すまちの将来像を、「みんなが主役、みんなの故郷、金山町」と決定しました。

中長期的な視点に立ち、「住んでよし、訪ねてよし」と思えるまちづくりをテーマに、6つの「基本目標」と4つの重点プロジェクトに沿って、事業を展開していきます。

また、本計画の重点プロジェクトは、まち・ひと・しごと創生法に基づく、「第2期金山町まち・ひと・しごと創生総合戦略」として位置付けています。

 

【計画書】 第5次金山町総合発展計画(PDFファイル:4.1MB)

【体系図】 第5次金山町総合発展計画体系図(PDFファイル:781.8KB)

 

 

第5次金山町総合発展計画(案)に係る意見募集の結果について

第5次金山町総合発展計画(案)に対して、町民の皆さんからのご意見を募集したところ、以下のとおりご意見をいただきました。貴重なご意見をありがとうございました。

【意見募集期間】 令和2年12月21日(月曜)~令和3年1月18日(月曜)

【提出されたご意見】 1件

【公開資料】 第5次金山町総合発展計画への意見募集の結果(PDFファイル:346.3KB)

 

計画策定の概要

自律のまちづくり条例により、これからの計画策定の概要と予定を公表します。

今後10年間はこれまで以上に、人口減少に伴う問題など多様化する地域課題に直面します。そのような中でも、町民の皆さんが希望ある将来ビジョンを描くことができるように、どのような方向を目指し、まちづくりや行財政運営を進めるのかを示すマネジメント・ツールとなる指針として策定していきます。

どのような計画にするか?

1.「かねやま未来会議」として、町民との協働で策定する総合計画

総合戦略のKPI把握を含めた町民アンケートを実施します。特に20~40代のニーズ把握を重点的に行います。

2.わかりやすい総合計画

町民、職員にとって分かりやすいものとするため「何のために、何を目指すか」を明確にします。

3.各種計画と連携した実効性のある総合計画

総合計画の中に、各分野の専門的な計画を位置付け、事業の実効性を高めます。

次期総合計画、総合戦略、金山版CCRC構想の位置づけ

現行の総合戦略は、第4次総合発展計画を基軸に策定しています。

第4次総合発展計画の計画期間は令和2年度が終期であり、持続可能な行財政運営を進め中長期的な視点に立って総合的かつ計画的にまちづくりを進める必要があることから、次期総合戦略についても、令和3年度を初年度とする総合計画と一体的に策定します。

なお、金山版CCRC構想策定時に行った町総合戦略の見直しを引き継ぎ、次期総合計画のビジョンに確実につなげることとしています。

 

町民の関わり方と策定体制は?

1.町民アンケートによるニーズ調査

次期総合戦略及び総合計画策定にむけて、町の施策に対する町民の皆様の満足度、重要度などを把握し、今後のまちの課題に対する意見を集約するため、下記のアンケートを実施しました。

1 まちづくり子どもアンケート調査

2 子育て・教育・定住についての住民意識アンケート調査

3 まちづくり・定住についての住民意識アンケート調査

4 大学等卒業後の進路・就職希望や定住意向に関する調査

5 地方移住の現状や希望に関するアンケート調査

●アンケート結果の概要(令和2年3月追加)

2.策定委員会

かねやま未来会議専門検討部会委員

3.検討委員会(町管理職)

町管理職による検討委員会

4.作業部会(担当課)

総合戦略の見直しをベースに、CCRC構想及び重点プロジェクトに係る具体的施策について、関係課が連携して作業

5.事務局

総合政策課 総合政策係

 

策定スケジュールは?

令和元年度

町民アンケート調査の実施、町民ニーズの分析・公表、概要案の公表、計画案の作成

令和2年度

議会説明(令和2年11月金山町議会全員協議会にて説明)

最終版策定(令和3年3月)

 

この記事に関する
お問い合わせ先

総合政策課 政策推進係

〒999-5402
金山町大字金山324-1(金山町役場内)
電話番号:0233-52-2111 ファックス:0233-52-2004
​​​​​​​メールでのお問い合わせはこちら