新生児聴覚検査費用の助成

更新日:2019年08月19日

「新生児聴覚検査」の費用の助成を行っています。
新生児聴覚検査とは、赤ちゃんが生まれて数日後に行う耳の聞こえを調べる検査です。耳の聞こえは赤ちゃんが成長し、言葉を覚えていくために確認しておくべき大切なことです。任意の検査となっていますが、ぜひ新生児聴覚検査を受けてくださるようお願いします。

助成費用

全額助成

助成方法

県立新庄病院の場合

病院で新生児聴覚検査を受ける際に、クリーム色の受診票(母子手帳交付の際に渡しています。事前に必要事項を記入。)を病院へ提出してください。

県立新庄病院以外の場合

産後退院してから役場で償還払いの手続きをいたします。
下記のものを持参いただき、聴覚検査を受けた日から半年以内に、健康福祉課健康係まで申請の手続きにおいでください。

・新生児聴覚検査費用助成請求書(下記ファイルリンクより印刷もしくは役場からもらう)
・検査をした医療機関が発行した領収書と明細書
・母子手帳
・通帳(助成費用の振込先のもの)
・印鑑 

この記事に関する
お問い合わせ先

健康福祉課 健康係

〒999-5402
金山町大字金山324-1(金山町役場内)
電話番号:0233-52-2111 ファックス:0233-52-2004
メールでのお問い合わせはこちら