人権擁護委員

更新日:2019年08月28日

人権擁護委員は、市町村長の推薦を受け法務大臣から委嘱された民間ボランティアで、地域の皆さんの人権を守るために活動しています。

金山町では、柴田幸雄さん(下野明)、須藤幸一さん(田茂沢)、星川恵子さん(羽場)が委嘱されています。

どのような活動をしているの?

人権擁護委員の活動は、主に次の3つです。

相談

地域の皆さんから様々な相談を受け、問題解決のお手伝いをしています。

啓発

地域の皆さんに人権の大切さを知っていただくための活動を行っています。

救済

人権侵害があったときに法務局職員と協力して調査・救済手続きを行います。

どのような相談を受けているの?

いじめ、嫌がらせ、差別、虐待、プライバシーの侵害などの人権問題のほかに、様々な不安、悩みごとの相談を受けています。相談は無料で秘密は厳守。相談は、毎週月曜日・水曜日に法務局新庄支局で人権擁護委員がお受けしています。また電話やインターネットでの相談もできます。

●みんなの人権110番【0570-003-110】

●子どもの人権110番【0120-007-110】

●女性の人権ホットライン【0570-070-810】

この記事に関する
お問い合わせ先

健康福祉課 福祉係

〒999-5402
金山町大字金山324-1(金山町役場内)
電話番号:0233-52-2111 ファックス:0233-52-2004
メールでのお問い合わせはこちら